他のアカウント

STARBUCKS

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ninja

Link★Link

 

« ハッピーローラ味って | トップページ | 久々のガス抜きランチ »

2012/09/12

夢売るふたり

Yume1

東京の片隅で小料理屋を営む貫也(阿部サダヲ)と妻の里子(松たか子)。店は小さいながらも順風満帆だったが、火事で全てを失ってしまう。ある日、貫也が常連客と一夜を共にし、すぐに里子の知るところとなるが、里子は結婚詐欺で金をだまし取ることを考案する。結婚願望の強いOLなど寂しい女たちの心の隙につけ込んで、店を再開するための資金を稼ぐ二人。しかし、夫婦の関係に影が差し始め……。

9月公開で一番楽しみだったのが実はこの作品。西川監督で阿部サダヲが出てて。

予告編などを見ているとコメディなのかな・・・とちょっと思うけど、西川監督の作品である以上、気持ちよく大爆笑して「あ゛ーすっきり」となるはずはない。

Yume2

「火事ですべてを失った二人が、また新しく店を始めるために結婚詐欺をする話。」このコンセプトで楽しいわけないし、こんな事が許されるわけない。

ここから先はめっちゃネタバレなのでこれから観に行く方は読まないでください。

観に行った人のみどうぞ。観に行くつもりのない人も読んでいいけど、このレビューを読んで「観たつもり」になり「もう観に行かなくていいや」って思わないでくださいね。ぜひぜひご自分の目で観て、心で感じてください。

私は観て帰って来てから映画のレビューサイトを見てみたら評判がよくなくてびっくりしました。後味のいい映画ではないけれど、ものすごくよく出来ていると思ったので驚き。

Yume3

火事ですべてを失ったあとの二人。私は明るくふるまって健気に夫を支える里子さんに感心しました。自分だったらあんなにかわいく元気に支えられるかな~・・・きっと無理だ~。毎日大きなため息をついてしまうに違いない~と思いました。

その後もすぐにラーメン屋に勤め、毎日まじめに働きます。それなのに夫の貫也は愚痴ばかりこぼし働きもせず飲んでダラダラと過ごすばかり。里子の働くラーメン屋に来てカウンターに座り、グチグチとこぼす。あまったれてんなよ。

そんな時、前のお店の常連さんの鈴木砂羽さんと酔ったままHして、大金をもらう(たぶん厚さからして200万円)。愛人からの手切れ金としてもらったお金を彼女は手元に置いておきたくなかったから。最初は断るけど「必ず返すから」と受け取って走って帰る貫也。(鈴木砂羽さんのゲ○シーン、すごかったなあ~bearing)

板前仲間にもらった・・・と嘘をついて里子に渡すけどすぐにばれちゃうんだよね、これが。そして上の写真、風呂場での尋問シーンになるんだけど、このシーン、ユーモラスでもあるけど、怖いんだよねっ里子さんが。

この時に里子さんは気づいちゃう。「女をだませばお金が手に入る」って。

そして里子が筋書きを作り、貫也がだます・・・というやり方でどんどんお金を手に入れていく。

もちろんそれはいけない事なんだけど、私は貫也がお金を受け取る時に、必ず女に借用書を書かせ、帰って来てからそれを壁に並べて貼っているところがちょっと救いに思いました。お店を出してお金が入ったら必ず返すつもりでいた・・・と思いたい。(実際、二人で手を合わせ「絶対に返しますから」っていうシーンがあったし)

同じお店で何人もだましていて、それがばれた時、だまされた女たちは「くやしそう」と言うよりも、なんだか「楽しそう」だった。これは貫也というか阿部サダヲのキャラクターのなせるワザだと思う。ちょっと胡散臭いけど、無垢な感じがするあのキラキラした目。きっとそうだ。

全部について書き続けたいくらいいろいろと思うところはあるんだけど、とりあえずこのくらいにしてやるか。

この二人ってすごく仲良しで信頼し合ってて、火事ですべてを失ったけど、また二人で一緒に店をやりたいって心から思ってたと思うの。そして、そのために詐欺とかしなくても二人でなかよくコツコツ働いて行けば時間がかかってもまた以前のように人が集まる店を再生出来たと思う。

同じ目標を見て、二人で同じものに向かっていた時はいいんだけど、そこにズレが生じて来るとだめなんだよね。

私は火事ですべてを失っていないし、借金もないし、結婚詐欺もしていないけど「私たち夫婦は今、同じ方向を見ることが出来ているのかなー。」って考えたよ。

結婚詐欺のために他の女のところに行っている夫。店のためとは思っても一人で淋しい妻。せつないよねえ。松さん、熱演でした。いろんな意味でびっくりだったし「松さん、そこまでするっ!?」っていうシーンも(てか、松さんにそこまでさせる?>監督~っっってシーンも)。松さんという日本中知らない人はいないほどの華麗なる一族の娘、セレブ中のセレブ、血統書つきの女優なのにそこまでやらせる?・・・って思った。

私、パンフを買って隅から隅まで読んだ。

そしたら監督が「夫婦のモラルも含めてまったく感情移入も出来ないような汚い話をやってもらうには松さんの絶対的な品が必要だなと思った。」と書いてありました。なーるーほーどー。確かにそうだ。これをもっと下卑た人が演じたら救いようのない穢れた映画でしかなかったと思う。やっぱ西川監督ってすごいわ。

いつも西川監督の映画を観たあとって、数日間、その映画の事で頭がいっぱいになる。気がつくとその映画の事を考えてしまう。決して明るく楽しい気持ちにはなれないんだけど、そこまで深く考えさせられる映画を作り続けるって事がすごいと思う。

まだまだいっぱい語りたい事はあります。観た方、ぜひぜひ語り合いましょう。

« ハッピーローラ味って | トップページ | 久々のガス抜きランチ »

シネマ・ねたバレありかも?」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107590/55643312

この記事へのトラックバック一覧です: 夢売るふたり:

« ハッピーローラ味って | トップページ | 久々のガス抜きランチ »

AfternoonTea

楽天

blogram

blogram-b

  • blogram投票ボタン

Tomoya-nagase

  • 長瀬智也の掲示板
    Powered by ジャニトモ

お気に入りのブログ


麦のおすすめ

  • : ハチドリのひとしずく いま、私にできること

    ハチドリのひとしずく いま、私にできること
    地球温暖化をはじめ、戦争・飢餓・貧困・・・地球は危機に瀕しています。「どんなに小さくても、自分に出来る事を今しよう!」そんな事の大切さを教えてくれる本。ぜひ、お子さんと一緒に読んでください。 (★★★★★)

  • : 恋人よ [DVD]

    恋人よ [DVD]
    再放送・ソフト化、ずーっとされていなかった、言わば伝説のドラマと言ってもいいこのドラマ。大好きでした!思い切って買ってよかった!ほんと完璧です。この脚本。 (★★★★★)

  • : グラン・トリノ

    グラン・トリノ
    間違いなく2009年ベスト1の映画。地味だけどずっしりと心に残る映画。 (★★★★★)

  • : Panasonic ホームベーカリー オレンジ SD-BM103-D

    Panasonic ホームベーカリー オレンジ SD-BM103-D
    悩みに悩んだけど買ってよかった!と胸をはって言える、とっても働き者のHB。「ホームベーカリー生活」カテゴリーをclick!おもち機能もよく使います。 (★★★★★)

  • : 食パンカットガイド L SCG2

    食パンカットガイド L SCG2
    HBで焼いたパンはめっちゃおいしいけど切りにくい~!そこでこれが必需品。買ったパンみたいに切れます。いや、まじで。 (★★★★★)

  • : ヴェルダン パンスライサー 225mm OVD-17

    ヴェルダン パンスライサー 225mm OVD-17
    HB生活に食パンカットガイドとパンスライサーは必需品。 (★★★★★)

無料ブログはココログ

最近のトラックバック