他のアカウント

STARBUCKS

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ninja

Link★Link

 

« agnes b.のバッグ | トップページ | フランフラン会議 »

2012/04/25

ももへの手紙

Momo1

父親を亡くしたももは、11歳の夏に母と2人で東京から瀬戸内の小さな島へとやって来る。彼女の手には、「ももへ」とだけ書かれた父からの書きかけの手紙が遺(のこ)されていたが、その真意はついにわからずじまいだった。ももは仲直りできないまま逝ってしまった父親のことで胸がいっぱいで、慣れない場所での新しい生活になかなかなじめずにいた。

Momo2

よりりんと毎月一度の映画の日。観たい映画はいっぱいあるけど、でも、だいたいは今週末から公開のGW映画。

「これ!」というものがなくて、決めかねていたの。「これなら観てもいいかな」ってやつは夜一回のみ上映だったりして。で「『ももへの手紙』はどう?」って言ってみた。西田敏行さんが好きだからちょっと観てみたい・・・って思ってたし、さくらは「絵が嫌いだから行かない」って言うから、一人で行こうかなって思ってた映画。よりりんはまったくノーマークだったらしい。

他にいいのないから・・・って理由で選ばれた映画でした。

でも、すっごくよかった!

Momo3

映画は瀬戸内海が舞台となっていて、尾道が好きな私にはどストライクの風景でした。「汐島」っていう架空の島なんだよ。

大崎下島の大長地区と御手洗地区っていうところが映画の街のモデルになっているらしいです。

こういう映画で吹き替えを声優さんじゃない人がやると、めっちゃ合わなくて台無し・・・って思う事がしばしばあるんだけど、優香さんも美山加恋ちゃんもすごく上手でした。特に優香さんは上手でした。

リリコさんが優香さんに「難しかった事は?」って聞いた時「叱った経験がないから叱るのが難しかった。」って答えてて、リリコさんが「えっ、叱った事ないの?」って聞いてたけど、確かに「女優」っていう職業で、30代で一人暮らししてたら叱る事なんてないよなーって思ったよ。

優香さんは「犬を叱った事はあるけど『愛情を持って叱るシーン』があってすごく難しいなって思った。」って言ってた。その言葉で、優香さんがこの映画に本気で真剣に取り組んでたって事が感じられたよ。

わかる~。確かにね。さくらを叱る時、私はいつも愛情を持って叱っているんだけど(・・・本当か・・・coldsweats01)、私の怒り方が激しすぎて、そうは受け取られなくて反抗されるし、小さいときは泣かせたりしちゃったこともある~。でもそのたび「ちゃんとした大人になってもらいたいから言ってるんだよ!」と言い訳(?)して来たよ~。今は叱ってよかったなって思ってるし、「いいこと・わるいこと」の判断が出来る人になったと思ってる。・・・てか、思いたい・・・coldsweats01

それに「もも」の年齢の、知らない人との接し方も「わかる~。そうそう、こんな感じ~」。うまく描かれていたと思う。これからお世話になるおじちゃん・おばちゃんにも笑顔で挨拶するわけでもなく、ちょっと不満そうで。大人と違うから「愛想よく」とか「お世辞」とか出来ないあの年齢の子の態度や気持ちがすごくリアリティがありました。だってさくらもそうだもんね。

Momo4

ぜんぜん映画の感想じゃないか。

おとうさんが急に亡くなって、おかあさんと二人でおかあさんの故郷の島に来たもも。友達も誰もいないし、おかあさんは仕事に行っちゃうし、夏休みだし。いつもひとりぼっち。

そこに妖怪のイワ・カワ・マメが現れる。もちろん最初は怖いんだけど、そのうち仲良しになる。よかったね~お友達が出来て・・・とか観ている私もしあわせになる。この妖怪三人組がめっちゃ楽しいんだもん。とくにマメがかわいいcloverうっかり、マメのストラップとかほしくなっちゃったりするよ。

この映画はProduction I.Gっていうところが作っているらしい。

観ていると「ジブリっぽーい!」って思うところがけっこうあった。特に私は「もののけ姫」を感じるところがあったの。それから観ているうちに、「もも」が「千尋」に見えてくる事もしばしば。声も「千尋」っぽく思えたりして。

「ジブリっぽい」って思う私のイメージが貧困なんだけど(他に言いようがない)、映画を作っている人にとって「ジブリっぽい」と思われるのはイヤな事なのか、それともうれしい事なのかな・・・なんて思いながら観てた。雑念じゃねーかっ。

そしたらエンドロールには「スタジオジブリ」の文字も。「手塚プロダクション」とも。帰って来てからテレビの予告編を観たら「千と千尋の神隠し」「もののけ姫」のスタッフが作り上げた・・・って言ってた!そうだったんだ~。だからかあ。・・・とナットク。

水曜日に観たので、圧倒的に女性が多かった。だからみんな優香さん演じる「いく子さん」の気持ちになって、鼻をすする音があちこちから聞こえて来たよ。それにみんな何十年か前は「もも」だったはずだしね。いい映画でした。母娘で観に行くのもいいかもね。

« agnes b.のバッグ | トップページ | フランフラン会議 »

シネマ・ねたバレありかも?」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107590/54600083

この記事へのトラックバック一覧です: ももへの手紙:

« agnes b.のバッグ | トップページ | フランフラン会議 »

AfternoonTea

楽天

blogram

blogram-b

  • blogram投票ボタン

Tomoya-nagase

  • 長瀬智也の掲示板
    Powered by ジャニトモ

お気に入りのブログ


麦のおすすめ

  • : ハチドリのひとしずく いま、私にできること

    ハチドリのひとしずく いま、私にできること
    地球温暖化をはじめ、戦争・飢餓・貧困・・・地球は危機に瀕しています。「どんなに小さくても、自分に出来る事を今しよう!」そんな事の大切さを教えてくれる本。ぜひ、お子さんと一緒に読んでください。 (★★★★★)

  • : 恋人よ [DVD]

    恋人よ [DVD]
    再放送・ソフト化、ずーっとされていなかった、言わば伝説のドラマと言ってもいいこのドラマ。大好きでした!思い切って買ってよかった!ほんと完璧です。この脚本。 (★★★★★)

  • : グラン・トリノ

    グラン・トリノ
    間違いなく2009年ベスト1の映画。地味だけどずっしりと心に残る映画。 (★★★★★)

  • : Panasonic ホームベーカリー オレンジ SD-BM103-D

    Panasonic ホームベーカリー オレンジ SD-BM103-D
    悩みに悩んだけど買ってよかった!と胸をはって言える、とっても働き者のHB。「ホームベーカリー生活」カテゴリーをclick!おもち機能もよく使います。 (★★★★★)

  • : 食パンカットガイド L SCG2

    食パンカットガイド L SCG2
    HBで焼いたパンはめっちゃおいしいけど切りにくい~!そこでこれが必需品。買ったパンみたいに切れます。いや、まじで。 (★★★★★)

  • : ヴェルダン パンスライサー 225mm OVD-17

    ヴェルダン パンスライサー 225mm OVD-17
    HB生活に食パンカットガイドとパンスライサーは必需品。 (★★★★★)

無料ブログはココログ

最近のトラックバック