他のアカウント

STARBUCKS

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

ninja

Link★Link

 

« 「おくりびと」おめでとう! | トップページ | CAFE BOSSA »

2009/02/23

チェンジリング

1

「チェンジリング」観ました。私は、基本的に「映画は楽しむもの」と思っているので、いっぱい笑えてちょっぴり泣けて最後は幸せになって、「あー、観てよかった~!」と笑顔で映画館をあとにするようなものが一番好きです。

だから社会派の映画ってほとんど観ることはないの。だけど、信頼できる人に「ぜひ観て!」と言われたり、世間的にものすごく評判がよくて話題になっているものは「観ておこうかな。」って思って観に行く。

これもそんな映画でした。

2_2

あらすじ・・・1928年、シングルマザーのクリスティン(アンジェリーナ・ジョリー)は、ロサンゼルス郊外で9歳の息子ウォルター(ガトリン・グリフィス)と暮らしていた。ある土曜日、彼女は同僚に泣きつかれて断り切れずに休日を返上して仕事へと向かう。暗くなって彼女が帰宅すると、家で一人で留守番をしているはずの息子の姿はどこにもなかった。(シネマトゥデイ)

テレビのCMや予告編を観ていると「5ヵ月後に戻って来たのは、息子ではなく別人だった。」って言ってるでしょ?だから「誘拐の話か~。」くらいの前知識でした。

「Changeling」と辞書で調べてみたら「取替え子(妖精がさらった子に替えて置いて行く醜い子)」って書いてあったから、?SF?ミステリー?って思った。

そしたら実際にあった事件なんだって。

なんと言っても、みどころは、今までセクシーで大胆で強い!というイメージだったアンジェリーナ・ジョリーが、「お母さん」になっている事!子どもを失って、打ちひしがれるが、絶対に見つける!と強い意志と母性を持った、ぶれない女性を演じています。

彼女は電話会社で働いているの。少し偉い人。んーと、たくさんいるオペレーターの人たちが、かかって来る電話でいろいろと質問や苦情などを受け付け、そこで納得行かないお客の電話を「上のものと変わります」とアンジーに変わる・・・という感じ。ものすごく偉くはないけど、現場では責任のある仕事を任されている。

その彼女の立場が、この映画にはとっても生かされていたと思う。

お休みの日に急に休んだ人の変わりに、出勤しなければいけなくなってしまうアンジー。夫はいなくて9歳の息子と二人暮らしなので「4時には帰るから!」と、家に息子を一人残し仕事に行く。

そんな日に限ってトラブルが起こり残業になる・・・しかも、帰り際に上司に呼び止められ「いつも君の仕事には感心しているよ。」と昇格の話をされ、電車に乗り遅れてしまう・・・。

家に帰ると息子はいない。警察に連絡するが「子どもの行方不明については24時間は操作しない事になっています。」・・・なにを~っっっ!理由が「たいていの場合、次の朝には戻るから。99%は戻ってる。」だって~。ありえなかろう。

とにかく当時のロス市警はひどかったらしい。映画全編を通してロス市警のひどさが描かれています。ほとんど脚色していないらしいよ。

で、5ヵ月後、息子さんが見つかりました。と警察から連絡が来て、駅に迎えに行くとまったくの別人がいる・・・。

彼女は「これは別人だ」と言うが、警察は「そんなはずはない」の一点張り。警察はまったく取り合わない。彼女は何度も口にする。「警察に立て付くつもりはない。ただ息子を返してほしいだけ。」激する事無く冷静に言う。・・・これは彼女が日常、苦情を受け付ける業務をしているからだと思いました。

私も仕事で、よく苦情を聞かされる事がある(←私に向けられた苦情じゃないですよ。念のため・・・)。その時に、相手がどんなに正しい事を主張していても感情のままにどなりちらす人だと「確かに言っている事は正しいけど、あの怒りようは、ちょっと異常・・・。危ない人かも?」的なものを感じてしまう事がある。しかし、冷静に話されると「確かにその通り。この人は冷静に物事を判断出来る人だ。この人が納得出来ないというのだから、何か重大な不手際があったに違いない・・・。」と思う。

アンジーは、そこのところを経験から充分にわかっていて、激高しない。もちろん、子どもがいなくなった母親だから、涙を流して声を震わせたりはするけれど。

そんな抑え目の演技のアンジーが、激しく叫ぶところが2箇所(だったと思う・・・)ある。大声で同じ事を何度もさけび、最後は声がかすれている・・・。身震いするほど上手でした。感情を抑えきれず、思わず叫んでしまう!素晴らしかったです。

・・・・で、この映画、このストーリー。

留守中に一人の子どもがいなくなった。・・・ただそれだけではなかったんですよ。ほんとにびっくりしました。しかも実際にあった事件だそうです。驚きです。まさか、そんな事になっていようとはっ!私、帰って来てから、詳しくWikipediaで調べちゃいました。実際の事件だから、詳しく載っていました。映画でよくわからなかったところが、よーくわかりました。

ぜひ、ご覧いただきたいです。でも、楽しくもなんともないです。いやな後味です。でもでも、ものすごく完成された映画だと思いました。

アンジーのお洋服が、どれもとてもかわいい♪ファーの衿にどんぐりのブローチをつけているのがとてもかわいい♪そのコート、きっと高かったと思うの。そのコート一枚だけ見ても「母一人・子一人でも、けっこういいお給料をもらっている」事がわかります。そして、何年か経った後も、同じコートを着ているので「高いものを買って、大切に長く使っている」というアンジーの堅実な性格をきちんと表していると思いました。

ラスト近くの、多少明るいシーンで「今日はアカデミー賞発表の日。みんなは『クレオパトラ』だというけど、私は『或る夜の出来事』だと思う。」という台詞がありました。調べてみたら、これは第7回アカデミー賞。1934年の事。

奇しくも、この映画を観に行った今日はアカデミー賞発表の日でした。惜しくもアンジーは主演女優賞を逃したけど、でもでも、ものすごく素晴らしい演技でした。

« 「おくりびと」おめでとう! | トップページ | CAFE BOSSA »

シネマ・ねたバレありかも?」カテゴリの記事

コメント

でぼりん
レス、遅くてごめんね。
Wikipediaで「ウィネビラ養鶏場殺人事件」で調べてみてね~!

私もこういうの興味津々。
しかも実際でしょ?
wikiに載ってるんだね!おせーておせーて。

pinkteddyさん
どんぐりかわいかったです。
ラストは、希望を感じる明るい終わり方だったけど、でも、やはり・・・だったのかあ・・・って、ちょっと報われない感じがしましたね。

どんぐりさん
洋服が、現代にはないデザインで素敵でしたね。あまり体にフィットしていない長方形デザインの服がなんかレトロでかわいかったです。

ケイトちゃん、ウィンスレットちゃんの方ですね。なんだっけ「愛を読む人」?楽しみだね!スピーチもユーモアがあって素敵でした~!

こんばんは。

むぎむぎ♪さんも見つけたどんぐりのブローチ見つけられてうれしかったよ。また質のよさそうなどんぐり(どんなだ?)でしたね。衣装がみんな素敵でアンジーにとても似合っていましたね。

アカデミー賞ざんねんでした。ケイトちゃんの映画がまだ公開されていないから、なんとも言えないけど、アンジーすばらしい演技でした。

アンジーの最初に着ていた毛皮のコートが
何か素敵だったなぁ~ 襟のコサージュが
ドングリに見えたのだが…?

まあ,毛皮は着ないけど!!

確かにハッピーエンドではないけど,
ミスティックリバーよりは,
後味はよい映画だと思う。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107590/44179001

この記事へのトラックバック一覧です: チェンジリング:

» チェンジリング [虎猫の気まぐれシネマ日記]
ある日突然消えた息子。5ヶ月後に帰ってきた彼は別人だった・・・・・。1928年のロサンゼルスで実際に起きた,ひとりの母の物語。 あらすじ: 1928年、シングルマザーのクリスティン(アンジェリーナ・ジョリー)は、ロサンゼルス郊外で9歳の息子ウォルター(ガトリン・グリフィス)と暮らしていた。ある土曜日... [続きを読む]

» 「チェンジリング」完成度は高いが今日性には疑問 [soramove]
「チェンジリング」★★★☆ アンジェリーナ・ジョリー主演 クリント・イーストウッド 監督、2008年、アメリカ、142分 「ある日、仕事から戻ると子供の姿が無く、 数ヶ月後、発見され電車でつれてこられた子供は 別人だった、主人公は自分の子供でないと 主張を続ける」 実際にあったことだという、 警察の横暴さと、偶然の不幸が 重なった事件。 見ながら思ったのは、 何故、イーストウッド監督は このテーマを選んだのかということ。 映画の完成度としては極上... [続きを読む]

« 「おくりびと」おめでとう! | トップページ | CAFE BOSSA »

AfternoonTea

楽天

blogram

blogram-b

  • blogram投票ボタン

Tomoya-nagase

  • 長瀬智也の掲示板
    Powered by ジャニトモ

お気に入りのブログ


麦のおすすめ

  • : ハチドリのひとしずく いま、私にできること

    ハチドリのひとしずく いま、私にできること
    地球温暖化をはじめ、戦争・飢餓・貧困・・・地球は危機に瀕しています。「どんなに小さくても、自分に出来る事を今しよう!」そんな事の大切さを教えてくれる本。ぜひ、お子さんと一緒に読んでください。 (★★★★★)

  • : 恋人よ [DVD]

    恋人よ [DVD]
    再放送・ソフト化、ずーっとされていなかった、言わば伝説のドラマと言ってもいいこのドラマ。大好きでした!思い切って買ってよかった!ほんと完璧です。この脚本。 (★★★★★)

  • : グラン・トリノ

    グラン・トリノ
    間違いなく2009年ベスト1の映画。地味だけどずっしりと心に残る映画。 (★★★★★)

  • : Panasonic ホームベーカリー オレンジ SD-BM103-D

    Panasonic ホームベーカリー オレンジ SD-BM103-D
    悩みに悩んだけど買ってよかった!と胸をはって言える、とっても働き者のHB。「ホームベーカリー生活」カテゴリーをclick!おもち機能もよく使います。 (★★★★★)

  • : 食パンカットガイド L SCG2

    食パンカットガイド L SCG2
    HBで焼いたパンはめっちゃおいしいけど切りにくい~!そこでこれが必需品。買ったパンみたいに切れます。いや、まじで。 (★★★★★)

  • : ヴェルダン パンスライサー 225mm OVD-17

    ヴェルダン パンスライサー 225mm OVD-17
    HB生活に食パンカットガイドとパンスライサーは必需品。 (★★★★★)

無料ブログはココログ

最近のトラックバック