« ちいさいおうち | トップページ | 車のいろは空のいろ »

2005年8月 1日 (月)

空とぶ家

DSCF8726小さい頃、学研の「新しい世界の童話シリーズ」というのが大好きでした。「小さい魔女」「小さなスプーンおばさん」「三人のおまわりさん」「ムスティクのぼうけん」「ぼくはネンディ」・・・すべて海外のお話で、白黒ですが、挿絵がかわいくて、お話はおもしろくて、巻末にある一覧を見て片っ端から読んでいました。

この「空とぶ家」 も、その中の一冊。また読みたいな~と思っていたら、実家の本棚で発見。久々にひっぱり出して読みました。ニッキィとリンダは兄妹。その年のお休みに、発明好きなベンおじさんの家に遊びに行きました。ベンおじさんは、きれい好きなデイジーおばさんと一緒に、田舎に住んでいました。きれい好きなデイジーおばさんが、お掃除すると、その部屋にベンおじさんは、がらくたを広げて発明を始めるので、デイジーおばさんは、ベンおじさんを邪魔者扱いしていました。

DSCF8728ある日、デイジーおばさんがお友達の家に遊びに行ってしまった時に、ベンおじさんは、最近発明した気球用の「ジェデューム・ガス」を「ちょっとだけ試してみよう」といたずらっぽく言い、3本作ったボンベを家の中に運び込み、ちゃんとガスが入って行くかどうか、ボンベのテストをしました。気球は二階の仕事場にあります。 気球にボンベのホースをつなげて少しガスを入れました。まず、1本目のボンベは成功。次に2本目のボンベをつなげました。その間に、子ども達においしいココアを入れてあげようとしていたおじさんは、ボンベを閉じる鍵をどこにおいたか忘れてしまい、どんどん気球は膨らみ・・・やがてミシミシミシっと音を立てて、家は空へと浮かび上がりました!

3本のボンベを積み、家ごと浮かび上がったベンおじさん、ニッキィ、リンダ!子どもの頃、その先どうなるだろう?と考えるだけでo(^ー^)oワクワクでした。挿絵もすごくかわいくて。

私は小さい頃「魔法使い」が大好きでした。この本にも「魔法使い」が出て来ます。昨日、読み直したら、大人になった今でも、ものすごくおもしろかったです。

|

« ちいさいおうち | トップページ | 車のいろは空のいろ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/107590/5259801

この記事へのトラックバック一覧です: 空とぶ家:

« ちいさいおうち | トップページ | 車のいろは空のいろ »